原 孝洲TOP>原 孝洲について>伝統行事のご紹介>干支の風習

干支の風習

干支(えと)について

干支(えと)とは、正確には、十干(じゅっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合わせを言います 干支(えと)とは、正確には、十干(じゅっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合わせを言い、中国古代の暦(こよみ)にその起源を見ることができます。十干十二支の組み合わせは、星の運行がひと廻りする六十年に当てはめ、六十年を1周期とします。
私たちが一般的に「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、・・・」と言っているのは十二支のことで、もともとは時間(年、月、日、時)を区分するために使われていた名前でした。そして、暦を理解しやすくするために、これに動物を当てはめたのです。

江戸時代の中頃に、その年の干支にちなんだ動物の置物を玄関や居間に飾って年神様(としがみさま)をお迎えする風習が生まれました そして、日本人は古くから動物に宿る神秘的な力を信じてきましたから、この信仰と十二支とが結びつき、江戸時代の中頃に、その年の干支にちなんだ動物の置物を玄関や居間に飾って年神様(としがみさま)をお迎えする風習が生まれました。
現代でも、その年の干支は、七福神や招き猫などと同じように、福を招く開運のお守りとして、多くの人たちに親しまれています。

日本人と子(ね:鼠)

鼠(ねずみ)は、幸福をもたらす動物として、古くから日本人に大切にされてきました 鼠(ねずみ)は、幸福をもたらす動物として、古くから日本人に大切にされてきました。『古事記』では、野火に囲まれて困っている大国主命を助ける動物として描かれ、また、仏教では大黒天の使者として祭られています。 また、鼠(ねずみ)は子だくさんであることから、子孫繁栄のお守りとしても多くの人たちに親しまれています。

日本人と丑(うし:牛)

牛は、人類と最も付き合いが古い動物であり、農耕や運搬の重要な担い手として、大切な役割を果たしてきました。 牛は、人類と最も付き合いが古い動物であり、農耕や運搬の重要な担い手として、大切な役割を果たしてきました。 また、牛は天神様のお使いとして、太宰府天満宮をはじめ多くの天満宮の境内には、牛の像が祭られています。その他、京都・八坂神社のご祭神である牛頭天王や大阪・四天王寺の石神堂(牛王尊)など、牛は日本人にとってとても大切な動物として古くから親しまれてきました。

人形師原 孝洲のご紹介原 孝洲のこだわり伝統行事のご紹介

トップ商品一覧歳時記原 孝洲について店舗のご案内購入のご案内よくあるご質問用語集リンクについて

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP