原 孝洲TOP>原 孝洲について>伝統行事のご紹介>端午の節句の風習

端午の節句の風習

日本では古くから、季節の節目ごとにさまざまな年中行事が行なわれてきました 日本では古くから、季節の節目ごとにさまざまな年中行事が行なわれてきました。お正月、節分、ひな祭り、端午の節句、夏祭り、お盆、お月見、収穫祭・・・など、これらの行事を通して、子供たちは、自然のうちにいろいろなことを学んでゆきます。 例えば、季節の移り変わりを学び、また、節度ある生活態度や地域社会との関わり、ご先祖さまを大切にする心、そして、家族愛など、さまざまなものを学んでゆくことができます。

数ある年中行事の中で、『端午の節句』は災厄や病魔を祓う(はらう)行事として、非常に古い時代から続いてきた日本の代表的な伝統行事です このような数ある年中行事の中で、『端午の節句』は災厄や病魔を祓う(はらう)行事として、非常に古い時代から続いてきた日本の代表的な伝統行事です。 端午の節句の歴史は古く、奈良時代(約1250年前)から始まりました。この時代、朝廷では五月五日に菖蒲(しょうぶ)を飾り、無病息災を祈る節会(せちえ)を行なっていました。 五月は、田植えの関係から、古来より非常に重要な月とされていました。 また、菖蒲には特別な力があると信じられており、この菖蒲を目印として神をお迎えしたのが、菖蒲飾りの始まりとされています。

平安時代には、邪気を祓う儀式としての「騎射(うまゆみ:走る馬上から的に向けて矢を射る儀式)」が、端午の節会に行なわれるようになります 平安時代には、邪気を祓う儀式としての「騎射(うまゆみ:走る馬上から的に向けて矢を射る儀式)」が、端午の節会に行なわれるようになります。
鎌倉時代の武家政治の世の中になると、朝廷での端午の節会の儀式は廃れましたが、尚武(しょうぶ)の気風が強い武家社会では、菖蒲と尚武をかけて、尚武の節日として端午の節句を祝うようになります。菖蒲酒や菖蒲湯の風習もこの頃から始まりました。

江戸時代の後期には、男の子の誕生を祝う“初節句”が盛大に行なわれるようになり、現代に受け継がれています 江戸時代になると、人形(ひとがた)を形代(かたしろ:神が宿る対象)として飾る民間信仰ともあいまって、端午の節句は民間でも盛んにまねられるようになります。また、この頃から、町家では武者絵幟(むしゃえのぼり)や鯉幟(こいのぼり)が立てられるようになります。そして江戸時代の後期には、男の子の誕生を祝う“初節句”が盛大に行なわれるようになり、現代に受け継がれています。

一年に一度、のびやかに育つわが子の成長を確認しつつ、楽しく過ごす端午の節句。奈良の昔に始まり、長い歴史に培われ、今日に至るこの美しい伝統行事を、いつまでも大切にしたいものです。

人形師原 孝洲のご紹介原 孝洲のこだわり伝統行事のご紹介

トップ商品一覧歳時記原 孝洲について店舗のご案内購入のご案内よくあるご質問用語集リンクについて

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP