原 孝洲TOP>原 孝洲について>伝統行事のご紹介>羽子板・破魔弓の風習

羽子板・破魔弓の風習

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月を「初正月」といいます 赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月を「初正月」といい、この初正月に厄払い(やくばらい)の縁起物として、男の子には破魔弓を、女の子には羽子板を飾ってお祝いする風習が古くからあり、今もなお受け継がれています。
お正月に、羽子板や破魔弓を飾り、我が子を囲んで、家族揃って年神様(としがみさま)をお迎えし、これからの健やかな成長をお祈りする古来の風習は、心を豊かにする美しくゆかしい行事として、いつまでも大切に守り伝えてゆきたいものです。

羽子板の由来

羽子板は、室町時代に中国から渡来し、最初は「羽根」をつく実用的なものとして親しまれていたと考えられています 羽子板は、室町時代に中国から渡来し、最初は「羽根」をつく実用的なものとして親しまれていたと考えられています。羽子板には観賞用のものと、羽根つきをして遊ぶためのものがありますが、観賞用のものも室町時代から始まり、江戸時代の泰平の世に、ますます盛んになりました。
この時代に、大名や公家などの間で、女の子の初正月(赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月)に羽子板を贈る風習が生まれ、次第に庶民の間にも広がってゆきました。

羽子板の羽根がトンボに似ていることから、子供の病気の原因となる蚊(か)に刺されないように、蚊の天敵であるトンボに見たてて、羽子板と羽根を飾るようになったという説もあります 羽子板でつく羽根の玉、あの黒くて堅い玉は、“むくろじ”という大木の種です。この“むくろじ”は、漢字で「無患子」と書くことから、「子が患(わずら)わ無い」ように、赤ちゃんの無病息災のお守りとして、羽子板と羽根を飾るようになったと言われています。
また、羽子板の羽根がトンボに似ていることから、子供の病気の原因となる蚊(か)に刺されないように、蚊の天敵であるトンボに見たてて、羽子板と羽根を飾るようになったという説もあります。

破魔弓の由来

破魔弓の歴史はかなり古く、弓矢には、古くから、邪気を払う特別な力があると考えられており、さまざまな行事や神事に使われることが多かったようです 破魔弓の歴史はかなり古く、大和時代(西暦647年頃)に宮中で正月に行なわれていた射礼(しゃらい:弓で的を射る儀式)が起源だと考えられています。 弓矢には、古くから、邪気を払う特別な力があると考えられており、さまざまな行事や神事に使われることが多かったようです。 破魔弓が現在のように、弓と矢を組み合わせた「魔除けのお守り」の形になったのは鎌倉時代で、武家の間で男の子の初正月(赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月)に破魔弓を贈る風習が生まれ、城下町を中心にして、町民の間にも広がってゆきました。

人形師原 孝洲のご紹介原 孝洲のこだわり伝統行事のご紹介

トップ商品一覧歳時記原 孝洲について店舗のご案内購入のご案内よくあるご質問用語集リンクについて

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP