原 孝洲TOP>原 孝洲について>原 孝洲のこだわり(雛人形)

原 孝洲のこだわり(雛人形)

原 孝洲の雛人形は、高度な技術力と卓越した感性によって裏付けられています。

お顔

原 孝洲の雛人形のお顔は、赤ちゃんのお顔が基本です。特に目は、赤ちゃんがお母さんから生まれて、そっと半眼を開いたような初々しいイメージで描かれています。けがれのない赤ちゃんのお顔、だから原 孝洲の雛人形は、いつ見てもかわいらしく、心がほのぼのとしてくるのです。

生地づくり

型にお顔をつくるための素材を流し込みます
型にお顔をつくるための素材を流し込みます。
素材が固まったら、お顔を型から抜き取ります
素材が固まったら、お顔を型から抜き取ります。

胡粉仕上げ(ごふんしあげ)

原 孝洲の雛人形の一番の特徴は、真っ白な肌の美しさにあります。原 孝洲では、上質の蛤(はまぐり)の殻を細かく砕いた「胡粉」を、お人形の肌にむらなく塗ることにより、この輝くばかりに白くなめらかな肌を作り出しています。この「胡粉仕上げ」の技法は、昭和四十一年に文部省より「無形文化財」に指定され、その技法は原 孝洲に継承されています。

原 孝洲では、上質の蛤の殻を細かく砕いた「胡粉」を塗ることにより、白くなめらかな肌を作り出しています

面相(めんそう)

雛人形のお顔のできばえを、最も大きく左右してしまうのが、目と口の描き方です。目と口は、技術的にも非常にむずかしい部分であり、また、描き方ひとつで表情がさまざまに変わります。原 孝洲の雛人形の目は、さまざまな濃淡の墨を使い分け、30本以上の細い線で描かれます。これは、原 孝洲独特の「笹目」と呼ばれる面相の技法です。また、口もとにも綺麗に2色の紅をさし、やさしい微笑みをもたせています。

原 孝洲の雛人形の目は、さまざまな濃淡の墨を使い分け、30本以上の細い線で描かれます

  • お顔のかわいらしさの秘密を解き明かします
  • 無形文化財の技術も登場
このムービーを正しくご覧いただくには最新のFlash Player が必要です。お持ちでない方は下のボタンよりダウンロードしてご利用ください。
FLASH Player ダウンロード

三人官女(三方)

三人官女の真ん中で三方を持った官女、あるいは五人囃子や仕丁の中の何人かは、口もとから白い歯が見えています。

三人官女(三方)

仕丁(立傘)

仕丁は、怒り、泣き、笑い顔の三人上戸です。怒り顔は、短気になりがちな若者の象徴です。

仕丁(立傘)

仕丁(台笠)

仕丁のひとりは、泣き顔です。これは、何事にも悲観的になりがちな中年の象徴です。

仕丁(台笠)

仕丁(沓台)

仕丁のひとりは、笑い顔です。これは、全てを悟って笑い顔になる老人の象徴です。

仕丁(沓台)

耳

原 孝洲の雛人形は、どんな小さな作品にも“耳”がついています。そして、単なる盛り上がりだけではなく、きちんと凹凸のある耳をつけるために、独特の技法と何倍もの手間をかけています。このように、たとえ髪に隠れて見えなくなっていても、きちんと耳をつけることによって、人形としての完成度を高めています。

原 孝洲の雛人形は、どんな小さな作品にも“耳”がついています

毛吹き(けふき)・結髪(けっぱつ)

髪型も原 孝洲独特の技法により、丁寧に作られています。まず、額の髪の生えぎわに深い彫り込みを入れます。そこへ髪の毛(上質の生糸)を丹念に植え込み、頭部にはいっさいのり付けをせずに、丁寧に櫛(くし)でとかしながら結い上げます。 こうして、平安朝の“おおすべらかし”(※1)の髪型がみごとに再現されてゆくのです。

※1:平安時代の宮廷女性の髪型。長い髪を背中に垂らした髪型です。

毛吹き(けふき)

額の髪の生えぎわに、髪の毛を植え込みます
額の髪の生えぎわに、髪の毛を植え込みます。

結髪(けっぱつ)

櫛で丁寧にとかしながら結い上げます
櫛で丁寧にとかしながら結い上げます。

姫や三人官女の結髪は、櫛(くし)で丁寧にとかした髪の毛を、後部で綺麗に束ねてあります。

姫や三人官女の結髪は、櫛(くし)で丁寧にとかした髪の毛を、後部で綺麗に束ねてあります

五人囃子(謡)

五人囃子は、それぞれに違った江戸時代の稚児髷(ちごまげ)を結っています。

五人囃子は、それぞれに違った江戸時代の稚児髷(ちごまげ)を結っています

五人囃子(大鼓)

五人囃子が結っている稚児髷は、それぞれに味わいがあり、お顔のかわいらしさを引き立てています。

五人囃子が結っている稚児髷は、それぞれに味わいがあり、お顔のかわいらしさを引き立てています

胴体

原 孝洲の雛人形の胴体は、すべて桐塑(とうそ:桐の粉)を固めて作ります。大量生産に適した発泡スチロールや合成樹脂はいっさい使用せず、昔ながらの手づくりの製法を大切に守り、本物を追求する姿勢を崩しません。そして、原 孝洲独特のやさしい造形美は、いつまでも見飽きることのない深い味わいを秘めています。

生地づくり

型に胴体をつくるための素材を詰めます
型に胴体をつくるための素材を詰めます。
素材が崩れないように、型をそっと外します
素材が崩れないように、型をそっと外します。
型から抜いた胴体を天日で2〜3週間干して乾かします
型から抜いた胴体を天日で2〜3週間干して乾かします。

彫塑(ちょうそ)

乾燥させた胴体をヤスリで滑らかにし、また、凹みを埋めて、凹凸のない平らな表面に仕上げます。

出っ張った部分をヤスリで削り取ります
出っ張った部分をヤスリで削り取ります。
凹んだ部分を桐塑で埋めます
凹んだ部分を桐塑で埋めます。

筋彫り(すじぼり)

胴体に、布地(衣裳)を木目込むための筋を彫ります
胴体に、布地(衣裳)を木目込むための筋を彫ります。

木目込み

胴体に彫った筋に、裁断した布地をヘラを使って押し込み、衣裳を着せ付けてゆきます
胴体に彫った筋に、裁断した布地をヘラを使って押し込み、衣裳を着せ付けてゆきます。

原 孝洲のお人形は、普段は隠れて見えない後姿も、細部まで丁寧に仕上げられています。

原 孝洲のお人形は、普段は隠れて見えない後姿も、細部まで丁寧に仕上げられています

衣装

お衣裳は、女流作家ならではの現代的色彩感覚と、伝統的な色目をみごとに融和させた配色の妙を心がけています。そして、厳選された極上の正絹の布地を使用し、一つひとつ丹念に、真心を込めて着せ付けております。

雛人形五月人形兜・鎧

トップ商品一覧歳時記原 孝洲について店舗のご案内購入のご案内よくあるご質問用語集リンクについて

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP

お顔 面相 衣裳 毛吹き・結髪 胡粉仕上げ 耳 胴体