創業明治四十四年、無形文化財の技術を継承した雛人形・五月人形・盆提灯の販売。

HOME | 雛人形 | 五月人形 | 盆提灯 | お正月飾り | English


高齢出産ママの体験談まとめ
高齢出産ママの体験談まとめ

37歳で一人目を出産しました。

現在40歳ですが、二人目を妊娠したようです。

誕生日が早いので41歳になってからの出産になりそうです。

(中略)
今度生まれる子どもが3歳の時に44歳。

子どもは恥ずかしくないのかなあ…
まわりのお母さんと合うのかなあ…
自分の体力が持つかなあ…といろいろ心配です。

高齢出産とは、35歳以上の初産婦と定義されていますが、今では30代での出産はそれほど珍しくなくなりました。

ただ、30代後半以降になると、出産もそうですが出産後のことに関しても心配事は多いようです。

今回は、高齢出産を経験した先輩ママさんたちの体験談を中心に紹介します。

参考サイト:教えて!goo
高齢出産での育児体験談を聞かせてください



高齢出産ママの体験談まとめ


先輩ママの出産体験談

安産の秘訣は運動にあり
あきらめかけていた妊娠がわかったのが39歳というママさん。

初産が40歳になることに。仕事も順調で、生活が激変することに不安を覚えていました。

体力面では普段ジムに通っていたので不安はなかったものの、おなかが大きくなってくると足がつることに悩まされました。

それでも、マタニティヨガやウォーキングなど適度な運動を心がけて、出産の時には、分娩室に入ってから30分もかからなかったそうです。

先生からは、「よく頑張りました、立派なお産でした。

難産かどうかは年齢には関係ありませんね」と声をかけていただきました。

年齢よりも、普段どれだけ運動しているかが分娩時間を左右すると実感しました。

高齢で出産。でも今とっても幸せです!
初産だったママさん。

とにかく子どもが欲しくて妊活をしていたので、高齢出産への躊躇はありませんでした。

妊娠中は、貧血に悩まされ、ひじきを使った料理やサプリメントなどを飲んでいたのですが、それでもよくめまいや息切れをおこしていたのがつらかったです。

最初は帝王切開を予定していたのですが自然分娩できると途中から言われたのですが、逆に心配になり帝王切開を希望。

出産前はいきなりの入院などで大変でしたが、今は出産をして本当に良かったと思っています。

現在、子育てを頑張っています
42歳で初産だった方です。

子どもが欲しくて妊娠したものの、痛みに弱いので少し躊躇していたのも事実でした。

当初は自然分娩の予定でしたが、途中から陣痛が弱くなったため、圧出・吸引分娩で予定日より10日ほどはやく出産しました。

今は、子どもの顔を見ている時、この子を産んで本当に良かった、本当に幸せだなと思います。

体力的にきついと感じる時もありますが、日々成長している子どもを見ていると嬉しいし、これからの成長が楽しみです。

たくさんの体験を子どもと一緒にしていきたいと思います。

40代の友人が受けていた不妊治療の話
今まで知らなかった友人の話。

実は長い間不妊治療を受けていたとのこと。彼女もご主人も特に原因は見つからず、医者からは、「加齢」が原因ではないか、と言われたようです。

数年にわたる不妊治療の末に、ようやく赤ちゃんを授かりました。

ところが最終的に流産してしまったのです。

翌年、再び妊娠して、その後、ようやく無事に元気な女の子を出産することができました。

しかし、当時は毎日とても不安だったそうです。

そうした話をしてくれた友人の言葉がとても印象的でした。

参考サイト:マーミー
40代の出産は大変でしたか?初産・経産婦の高齢出産の体験談

参考サイト:高齢出産NAVI
高齢出産にまつわる体験談まとめ!高齢出産を決意したきっかけ



高齢出産ママの体験談まとめ


高齢出産で良かったこと、大変だったこと

高齢出産は、体力的につらそうだったり、20代よりリスクがたかくなりそうだったり、ネガティブなイメージがついてまわりがちです。

しかし、年齢を重ねたからこそ、よかったと思えることがあったようなので紹介します。

1位 ささいなことではイライラせず、おおらかな気持ちで子育てできる
ママさんの声で一番多かったのは、気持ちに余裕があること。

やはり年齢を重ねていると、ストレスも少なく、育児が楽しく思えてくる人も多いのでしょう。

2位 子どものことを最優先に考えて行動できる
若い頃より、感情のコントロールができるため、子どもの要求にどんなときでも冷静に対処できる余裕があると思います。

3位 先輩ママたちなど、まわりに助けてもらえる
友達や姉妹がすでに子育てしている割合が高くなるため、頼りになる先輩ママさんが近くにいることは非常に強みと言えるでしょう。

4位 遊びも仕事も若い時にやりきったので心残りがない
自由に過ごせる20〜30代を自分のやりたいようにやってきた人が多いため、きちんと育児というステージを迎える覚悟があります。

5位 金銭面でゆとりがある
それまで仕事を続けてきた人が多いため、若い頃よりは給与も高く多少の贅沢ができるという方も多いのではないでしょうか。

以上が良かったことですが、逆に、大変だったことも紹介します。

高齢出産ママの体験談まとめ


体重も体型も戻らない
年齢により基礎代謝が低下している事実があり、若いころよりも回復が遅いケースが多く、体重や体型が戻りにくいことも。

体力がもたない
子どもが小さい頃はなんとか頑張れても、歩き始めるともう大変。

子どもを追いかけまわし、引きずりおろし…、母の体力は日々消耗の一途です。

老けない努力が必要
幼稚園は非常に恐ろしいところで、子どもからの個人情報漏洩は止めることができません。

お母さんの年齢から白髪のことまで…、こうなったら開き直って公表しちゃいましょう。

良いことも、大変なことも、ほかにもたくさんあると思いますが、どうせなら、全部ひっくるめて、前向きに考えましょう。

参考サイト:Millly
ママの体験談 高齢出産でよかった!ランキングBEST5

参考サイト:ママズアップ
40歳の時に産んだ!高齢出産を体験して思う大変な点



今では、高齢出産は珍しくありませんし、30歳を超えて不妊治療や妊活をしている人はたくさんいます。

昔ほど自分一人で悩まなければならない環境ではありません。

ネットを探してみると、いろいろな体験談がありますので、参考にしてみてください。

一人で悩んでいるよりは、気分が晴れると思います。


このページのトップへ