原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>天児(あまがつ)

天児(あまがつ)

   五月人形   雛人形

天児(あまがつ)とは、平安時代を起源とする、幼児の祓い(はらい)に用いる人形で、日本の人形の祖型の一つといわれています。
十文字に組んだ棒の上に、布で作った丸い顔を取り付けて作った簡単な人形で、幼児の枕元に飾り、幼児の穢れ(けがれ)や厄(やく)を祓い(はらい)、無事な成長を祈るものでした。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP