原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>上杉 謙信(うえすぎけんしん)

上杉 謙信(うえすぎけんしん)

   五月人形

上杉 謙信(うえすぎけんしん)とは、戦国時代の武将。越後国(えちごのくに)の守護代・長尾氏に生まれ、後に上杉姓を継ぎ、関東管領(かんとうかんれい)となります。
武田 信玄とは戦国の双璧をなし、5回に渡る「川中島の合戦」を繰り広げ、「越後の虎」と恐れられました。
また、毘沙門天(びしゃもんてん)を尊信し、軍旗には「毘」の旗印を用いるなど、律儀(りちぎ)を重んじ、正義を愛した戦国時代の名将です。
上杉 謙信(うえすぎけんしん)をモチーフにした五月人形は、代表的な五月飾りとして古くから民間で親しまれてきました。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP