原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>誉田屋勘兵衛(こんだやかんべえ)

誉田屋勘兵衛(こんだやかんべえ)

   雛人形   五月人形

誉田屋勘兵衛(こんだやかんべえ)とは、京都・西陣の絹織物の名門のこと。
創業は、江戸宝暦年間以前と伝えられ、260年以上の歴史をもちます。
現在、十三代目。誉田屋勘兵衛(こんだやかんべえ)では、金糸金箔を使用し、文様を織り出した金襴(きんらん)の名品を、正絹にこだわり、多彩な文様で織り上げます。
絹の光沢と風合を大切にした最高級の絹織物です。
金襴(きんらん)とは、室町時代から桃山時代にかけて、中国・明より我国に招来され、名物裂地として大名や茶人に珍重された絹織物のことです。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP