原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>次郎左衛門雛(じろうざえもんびな)

次郎左衛門雛(じろうざえもんびな)

   雛人形

次郎左衛門雛(じろうざえもんびな)とは、江戸時代の中期に大流行した丸顔の衣裳着雛人形のこと。
江戸時代、寛文(1660年代)の頃、京都の雛屋次郎左衛門が創始したといわれています。
古典的な次郎左衛門雛は、丸顔に引目鉤鼻(ひきめかきはな)が特徴です。
「 たらちねの つままずありや 雛の鼻 」と、与謝 蕪村(よさ ぶそん)の句にも詠(よ)まれたこの雛人形は、現代にも愛し続けられています。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP