原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>石帯(せきたい)

石帯(せきたい)

   雛人形

石帯(せきたい)とは、平安時代に、貴族の正式な装束である束帯(そくたい)を締めるために使われた、宝石の飾りをつけた革製の帯のこと。
帯に並べる宝石が、官位の上下を表わしています。
雛人形のお内裏様(男雛)には、束帯(束帯)姿に石帯(せきたい)を締めたものが多く見られます。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP