原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>岐阜提灯(ぎふちょうちん)

岐阜提灯(ぎふちょうちん)

   盆提灯

岐阜提灯(ぎふちょうちん)とは、壺(つぼ)の形をした吊り下げ型の盆提灯のことをいいます。御所提灯(ごしょちょうちん)ともいいます。

<岐阜提灯のおこり>

岐阜で製作した提灯を藩主に上納したことにより、有名になったとされています。

<変遷>

江戸中期・文化文政(1804〜1829年)の頃、岐阜も含めて提灯が白地からの草花を描いたものへと変遷し、それが普及しました。
天保年間(1830〜1829年)には、秋の七草・花鳥・風景などの絵が描かれた薄紙を張った提灯が、岐阜提灯と言われるようになりました。

<吊るす場所>

・仏壇・・・1対の岐阜提灯を仏壇の両脇に吊るします。

吊るし方として、天井にフックを取り付けてそこから吊るすか、あるいは吊るし棒を使用します。

・精霊棚・・・仏壇の場合と同様に、1対の岐阜提灯を精霊棚の両脇に吊るします。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP