原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>切子提灯(きりこちょうちん)

切子提灯(きりこちょうちん)

   盆提灯

切子提灯(きりこちょうちん)とは、角からは長い房飾りが、底部からは長いレースや金襴(きんらん)が垂れ下がっている、立方体をした吊り下げ型の盆提灯のことをいいます。
初盆のときに用います。
この提灯は帰る家の目印として飾るほかに、霊の依代(よりしろ)となる役割を持っています。

<吊るす場所>

・仏壇・・・仏壇の両脇の天井にフックを取り付けてそこから吊るすか、あるいは吊るし棒を使用します。

・精霊棚・・・仏壇の場合と同様に、両脇に吊るします。

※地域により、異なる場合があります。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP