原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>大内行灯(おおうちあんどん)

大内行灯(おおうちあんどん)

   盆提灯

大内行灯(おおうちあんどん)とは、脚が3本ある置き型の盆提灯のことをいいます。

<大内行灯のおこり>

大内行灯の製作は、明治22年(1889年)に岐阜で始まりました。

<置き場所>

・仏壇・・・1対の大内行灯を仏壇の両脇に置きます。

家紋入り大内行灯と絵入り大内行灯の組み合わせの場合には、家紋入りを仏壇寄りに、絵入りをその外側に置きます。

・精霊棚・・・仏壇の場合と同様に、1対の大内行灯を精霊棚の両脇に置きます。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP