原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>具足(ぐそく)

具足(ぐそく)

   五月人形

具足(ぐそく)とは、近世の当世具足(とうせいぐそく)の略。
戦国時代になると、それ以前の伝統的な製法による甲冑(かっちゅう:兜・鎧)とは異なる、当世具足(とうせいぐそく)と呼ばれる形式が登場します。
この時代は集団戦が主体であったため、集団のシンボルとなる者は目立つことが必要であり、そのため当世具足(とうせいぐそく)には異彩のものが多く見られます。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP