原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>鍾馗(しょうき)

鍾馗(しょうき)

   五月人形

鍾馗(しょうき)とは、奈良時代に、中国から伝わった端午の節句の風習と共に、日本へやってきた魔よけの神様のこと。
唐の玄宋(げんそう)皇帝が病気にかかったとき、恐ろしい形相(ぎょうそう)の大男が悪鬼を退治する夢を見ました。
夢からさめた皇帝は、すっかり病気が治っていたことから、これを画家・呉道子(ごどうし)に書かせたことが鍾馗(しょうき)の始まりとされています。
邪気を祓(はら)う守護の象徴として、端午の節句に飾られる五月人形です。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP