原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>弦走(つるばしり)

弦走(つるばしり)

   五月人形

弦走(つるばしり)とは、大鎧の胴部分の前方から左前方にかけて張られた絵韋(えがわ)部分のこと。
この絵韋(えがわ)のことを弦走韋(つるばしりがわ)といいますが、これは弓矢を射る時に、弦(つる)が小札頭(こざねがしら)に引っ掛かるのを防ぐためのものです。
絵韋(えがわ)の文様は、時代によってさまざまに異なります。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP