原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>鳥頭の太刀(とりがしらのたち )

鳥頭の太刀(とりがしらのたち )

   五月人形

鳥頭の太刀(とりがしらのたち )とは、柄頭(つかがしら)に鳥の頭をかたどった飾りを付けた太刀のこと。
鞘(さや)は、金具などで鳥の胴体を表しています。
平安時代以来、武家が飾り太刀として用いる他に、献上品として用いられました。
現代では、五月人形に添える弓太刀に、鳥頭の太刀(とりがしらのたち )を用いることがあります。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP