原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>面頬(めんぽう)

面頬(めんぽう)

   五月人形

面頬(めんぽう)とは、矢や刀から顔面を守るための面具のこと。
平安時代中期から鎌倉時代にかけて用いられ、南北朝時代は廃れましたが、戦国時代の当世具足(とうせいぐそく)に再び用いられました。
半頬、総面、目の下頬の総称をいい、室町時代になると、半頬の下のあごの部分に垂を何段かつけて喉(のど)までを守るようになりました。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP