原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>五月人形(ごがつにんぎょう)

五月人形(ごがつにんぎょう)

   五月人形

五月人形(ごがつにんぎょう)とは、端午の節句に飾る五月飾りの総称です。
五月人形の始まりは、身代わりとして厄(やく)を背負ってもらうための人形(ひとがた)です。
身に降りかかる災いを「厄(やく)」といいますが、特に小さな子供は、病気にかかったり、けがをしたりすることが多いものです。
そのため、生まれた子供が健やかに育って欲しいと願いを込めて、五月人形を飾ります。
端午の節句に五月人形を飾る風習は、民間で端午の節句が盛んに行なわれるようになった江戸時代から始まりました。
人形(ひとがた)を形代(かたしろ:神が宿る対象)として飾る民間信仰と、武家社会で行なわれていた尚武(しょうぶ)の節日とがあいまって、江戸時代以降に、民間では端午の節句に五月人形を飾るようになります。
そして、現代でも国民の祝日である「子供の日」には、五月人形を飾って子供たちの健やかな成長を祝います。

五月人形をお探しの方はこちら

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP