原 孝洲TOP>用語集>全用語一覧>衣裳着人形(いしょうぎにんぎょう)

衣裳着人形(いしょうぎにんぎょう)

   雛人形

衣裳着人形(いしょうぎにんぎょう)とは、仕立てた衣装を胴体に着せ付けて作るお人形です。
通常、お顔と胴体は別の作者が制作し、完成した胴体にお顔を取付けて仕上げます。
衣裳着人形は、江戸時代の初めに京都で発祥し、その後、五代将軍・徳川 綱吉の頃に江戸に招かれた京都の人形師によって、非常に盛んに作られるようになりました。
現代の衣裳着人形は、江戸中期の人形師・原 舟月が創作した古今雛の様式を踏襲したものだといわれています。

トップ|商品一覧|歳時記|原 孝洲について|店舗のご案内|購入のご案内|よくあるご質問|用語集

雛人形TOP五月人形TOP盆提灯TOPお正月飾りTOP