Blog

  • 気分転換と”あんみつ”

    仕事で煮詰まることがあると外にお出掛けをして、自分の中の空気の入れ替えをするのですが、
    今日は東京国立博物館で開催している特別展『体感!日本の伝統芸能ー歌舞伎、文楽、能楽、
    雅楽、組踊の世界』を訪れてみました。
    特別展『体感!日本の伝統芸能ー歌舞伎、文楽、能楽、雅楽、組踊の世界』

    普段客席から見る舞台の様子とは違って、間近で見るお衣装やお支度の数々はとても迫力が
    あり、その素晴らしさに圧倒されるのと同時に大変勉強になりました。昔の日本人のセンス
    とにかくやばいです。

    文化を守ること、継承すること、そして新しい変化を受け入れることは、本当にバランスが
    難しく大変なことですが、この素晴らしさをどうしても次の世代に残していきたい。毎回こう
    いう場所に足を踏み入れると感じる葛藤を胸に、またお人形と向き合います。

    あぁ文楽のお人形欲しいなぁ、そして気分転換と称して美味しいあんみつと杏仁豆腐が食べ
    たい…。私、ぷるぷるする甘いものが大好きなんです(๑>◡<๑)

  • 新年の抱負と愛夫

    明けましておめでとうございます。
    昨年中は大変お世話になりました。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    一丁前に抱負など語らせて頂くとするならば、

    誇れる仕事をすること。
    なかなか自分に満足はできないけれど、精一杯の自分を出し切って、
    inspirationを大切にし、自分のリズムで進んでいくこと。

    私生活では、愛する夫と、teenagerとなり自分の人生を始めようと
    している愛娘と、毛むくじゃらでモヒカンの愛犬との時間を充分に
    楽しむこと。

    たくさんご迷惑をお掛けすることもあると思いますが、上記を目標に
    進んで参りますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

    話は違いますが、なぜ「愛夫」と言う言葉は無いのでしょうか???
    偉そうに抱負を書きながら、ふと愛娘も愛犬もあるのに愛夫とは書か
    ないことが不思議になりました。

    英語で愛妻を調べるとbelovedとか形式ばった翻訳が出てきますが、
    これといった単語が無いところをみると、そもそも妻も夫も愛されている
    と言う前提に立った存在だから、わざわざ愛されていると言う形容詞を
    伴った単語は必要無いのかもしれません。

    百人一首の中で恋愛を唄った歌は43首もあり、情感豊かに想いや愛を
    伝えることが教養でもあった日本人なのだから、欧米以上に恋人や伴侶に
    愛を語っても素敵ですよね。
    日本語にもダーリンみたいに呼びかける可愛い言葉があれば良いのに…。

Profile

原 裕子
1975年8月28日生まれ。
無形文化財に指定された原米洲を祖父に持ち、母は原孝洲。
女子美術大学卒業後、ロンドンに美術留学。帰国後、孝洲の元で三世人形師として修行開始。
2008年に娘を出産。目標は日本文化の素晴らしさを世界に、そして後世に広く正しく伝えていくこと。

現在位置

  1. 五色TOP
  2. Blog