No.22-670

金小札 紺糸縅の兜 4分の1

きんこざねこんいとおどしのかぶと

完売 200,000円 税込
完売しました

作者:加藤 一冑

※作札付きます。
江戸甲冑の第一人者・加藤一冑(かとういっちゅう)の作品です。こちらの作品は、通常の江戸甲冑のそのさらにワンランク上の作品となっており、紺糸を通している錣(しころ)の部分に最も特徴が表れております。和紙の上に漆をかけ着色したところへ、さらに金箔で箔押しすることで、お節句にふさわしい吉事を予感させる華麗な金小札(きんこざね)を表現しました。格調高い兜が引き立つよう、シンプルな黒台と金屏風セットでご準備いたしました。
◇こちらの商品は単品(櫃付き)での購入もできます。詳しくはお問い合わせください。
◇兜の鍬形(クワガタ)はツヤなしタイプになります。

品番 No.22-670
サイズ セット:横幅54×奥行30×高さ41cm
兜(櫃付き)寸法:横幅29×奥行23×高さ35cm
セット内容
お届け日 2022年9月10日以降をご指定ください。
配送区分 S(配送料についてはこちら
※配送料「S」は送料無料になります
在庫数 完売

お顔の造形・お衣装

No.22-670

金小札 紺糸縅の兜 4分の1

きんこざねこんいとおどしのかぶと

完売 200,000円 税込
完売しました

サイズについて

サイドボードやカウンターテーブル・小型タンスの上でもお飾りできますので、大きなスペースを確保する必要はありません。日常生活に無理なく溶け込むようにデザインされていますので、家具の上にも簡単にお飾りできるのが魅力のサイズ感です。

この商品を見た方はこの商品も見ています

オプション品