No.22-NE625

総裏紺中白縅の兜8号 菖蒲象嵌鍬形

そううらこんなかしろおどしのかぶと8ごう しょうぶぞうがんくわがた

完売 400,000円 税込
完売しました

お知らせ

作者:平安 武久

◇兜本体寸法 18×12×16p
※作札付きます。
京の名匠・平安武久の技術を結集させた京甲冑の逸品です。兜(かぶと)と本体を収める櫃(ひつ)のみのコンパクトなお飾りです。兜を象徴する前部の鍬形(くわがた:2本の角のようなもの)には、金属工芸の水準の高さを示す京象嵌(きょうぞうがん)により、お子様のお護りにふさわしい菖蒲の柄を打ち出しました。後背部の錣(しころ)と言われる部分には、紺色と白糸を組み合わせた高度なお作りにより、上品さが増しております。素材と技術の両面において心魂を注入した特別な逸品です。コンパクトで上品なので、どの空間にもお飾りできます。

品番 No.22-NE625
サイズ 兜(櫃付き):横幅27×奥行22×高さ36cm
セット内容
お届け日 2022年9月10日以降をご指定ください。
配送区分 S(配送料についてはこちら
※配送料「S」は送料無料になります
在庫数 完売

お顔の造形・お衣装

No.22-NE625

総裏紺中白縅の兜8号 菖蒲象嵌鍬形

そううらこんなかしろおどしのかぶと8ごう しょうぶぞうがんくわがた

完売 400,000円 税込
完売しました

この商品を見た方はこの商品も見ています

オプション品