No.22-216M-TYa

萌雛 本金箔蒔絵

もえびな ほんきんぱくまきえ

165,000円 税込

お衣装・飾り台・屏風が選べます

お衣装

飾り台

お屏風

作者:原孝洲

小振りながらもお殿さまには「束帯」を、お姫さまには「唐衣に裳」の装束(今でいう正装姿)を着せました。
淡い色合いの布地に、京都希代の蒔絵師が梅と笹の絵柄を蒔絵で豪華にあしらったお衣装です。遠くに連なる山々をデザインした屏風を竹製の飾り台にのせてお雛さまと共にお飾りください。本棚やサイドテーブルなどどこにお飾り頂いてもインテリアと調和する、現代的なお雛さまセットです。

品番 No.22-216M-TYa
サイズ セット:横幅45×奥行25×高さ23cm
お殿様寸法:横幅10×奥行9×高さ15cm
お姫様寸法:横幅12×奥行10×高さ10cm
セット内容
お届け日 2022年9月10日以降をご指定ください。
配送区分 S(配送料についてはこちら
※配送料「S」は送料無料になります
在庫数 在庫あり

お衣装について

金襴きんらん

¥135,000〜(税込)

たて糸とよこ糸を組み合わせてつくる織物の一つ。色糸だけでなく、金糸あるいは平金箔をつかって織られた織物です。

蒔絵まきえ

¥165,000〜(税込)

上品なちりめんなどのお衣裳を木目込み後、多彩な色と本金箔で描く蒔絵。盛り上げた絵柄の縁に金箔を貼るほか、多彩な色を重ねて絵柄を描くため、厚みがある豪華な印象で、繊細な模様が可能です。

お顔の造形・お衣装

お顔の造形

お衣装情報

216Mの萌雛は、若草色のお殿さまのお衣装にも、お姫さまの桜色のお衣装にも、梅と笹の絵柄が蒔絵で施されております。原 孝洲が描いた絵柄を京都の蒔絵師により再現された、華やかなお衣装です。

No.22-216M-TYa

萌雛 本金箔蒔絵

もえびな ほんきんぱくまきえ

HINAシリーズ 165,000円 税込

お衣装

飾り台

お屏風

サイズについて

小ぶりなお人形さんでも、細部まで作り込まれている「木目込人形」ならではのサイズ感です。新調して場所を整えずとも、それまでの机や書棚、わずかな出窓や小型タンスの上にとまさに飾る場所を選ばないコンパクトさが魅力です。

三人官女や五人囃子を
後から足していく愉しみ

初節句に親王飾をご購入いただいた後に、
お人形やお道具を毎年少しずつ買い足していくのも、桃の節句をお祝いする楽しみ方のひとつです。
原孝洲のお人形ならではのカスタマイズをお楽しみください。

この商品を見た方はこの商品も見ています

オプション品