雛人形の衣装について

人形の衣装は色・模様・素材と様々な種類があり、
そのどれをとっても日本の伝統と美意識が息づく優雅なものです。
雛人形の衣装ってどんなものなのか、衣装着人形や木目込み人形について解説しています。

雛人形の衣装ってどんなもの?

雛人形の衣装ってどんなもの?の画像

雛人形の衣装は色・模様・素材と様々な種類があり、そのどれをとっても日本の伝統と美意識が息づく優雅なものです。男雛は実直で静謐な雰囲気を、女雛はたおやかで華やかな雰囲気をそれぞれ引き立ててくれます。気に入った衣装を纏った雛人形は、よりいっそうの想い出になるでしょう。

雛人形の衣装はいつの時代を模したもの?

雛人形の衣装は平安時代の宮中衣装を模したものです。平安時代は国風文化が盛んになった時代で、日本の服飾技術が飛躍的に向上した時代でもありました。平安時代より変わらない、女性の持つ優美なセンスが表現されています。

雛人形の衣装の種類について

雛人形の衣装には衣装着人形と木目込み人形があります。衣装着人形とは、衣装・人形の胴体・頭を別々に作り着つけた人形です。衣装着人形はリアルな造りのものが多く、大人びたスタイリッシュな雰囲気があります。木目込み人形に比べると大きいものが多いです。木目込み人形は、木で彫られた人形に生地を打ち込んで作った人形です。雛人形の制作では、この生地を打ち込んだり差し込んだりする工程を「木目込む(きめこむ)」と言います。衣装着人形に比べると小ぶりなものも多く、置き場所に困りません。また、衣装が打ち込んであるので丈夫で型崩れしません。純真で愛嬌らしい顔は、部屋の雰囲気にすっと溶け込み、優しい気持ちをもたらします。

雛人形の衣装はすべて手作りなのか?

雛人形の衣装は、基本的にはすべて手作りです。
例えば、原孝洲では専門家が生地選びから行います。伝統的な色合いや紋様、細かな刺繍などがあしらわれた極上の生地を使用し、一つひとつの人形に美と技の極みを込めます。

衣装の素材と柄の種類

衣装の素材は色々!どんなものがあるの?

衣装の素材は、ポリエステルなどの化学繊維を使用しているものから絹を使って織っているものまで様々です。化学繊維で作られたお着物は、表面がけば立ちやすくホコリで汚れやすいという特徴があります。一方、絹などで織られたお着物はキメが細かく放湿性があるので、湿気にくくホコリもつきにくいです。原孝洲では、どのお着物も厳選した極上の生地を使用しています。

ちりめん

ちりめんは、ねじり合わせた糸(撚糸)で織ることで生まれる「しぼ」が特徴的な織物です。しぼの細かい波状の凸凹が絶妙な風合いと色合いを演出します。

刺繍

繊細で美しい刺繍が施された生地になります。伝統的な紋様から新しい紋様など、深い味わいが楽しめます。

金襴(きんらん)

金襴は金糸を用いて多彩な紋様を施した織物です。豪華な質感を纏いつつも、けばけばしくない佇まいで高貴さを醸し出します。また、刺繍と同じく様々な紋様を楽しめます。

金箔蒔絵(きんぱくまきえ)

金箔蒔絵は金箔を蒔いて仕上げる技法です。掘り込みを入れた人形の溝に布を打ちこんだり、差し込んだりして衣装を作る「木目込む(きめこむ)」工程の後、多彩な色と純金をあしらい、金箔を貼り上げて仕上げます。純金箔京蒔絵の立体的な質感は、豪華な風合いをかもしだします。

色彩や柄は季節や流行によって変わる?

昔ですと、男雛は黒色、女雛は赤色といったものがほとんどでした。ですが現代では、部屋の雰囲気やインテリアとの調和といったコーディネート面も考慮されています。季節によって流行が変わるといったことは特にありません。お好みの柄や色彩の雛人形をお選びください。

おすすめの柄や素材の紹介

原孝洲では、選び抜いた生地で艶やかな衣装を制作しています。木目込み人形はコンパクトでしつらえやすく、保管にも便利です。またHINAシリーズでは雛人形の種類や台の大きさや、カラーバリエーションも充分に取り揃えていますので、お部屋に合うお好みの雛人形をお選びいただけます。お子様やお母様が気に入ったものをお選び下さい。

衣装着人形や木目込み人形の紹介

原孝洲では、衣装着人形・木目込み人形どちらも幅広くご用意しております。ここでは、そのうちの一部をご紹介いたします。

子福雛 茶塗台(こふくびな ちゃぬりだい)木目込み雛人形/親王飾り

子福雛 茶塗台の画像

こちらは木目込み人形の親王飾です。コンパクトでかわいらしい雰囲気の中にも品格が漂い、近くで見ると細かい着物の模様やお顔の美しさが際立ちます。収納場所にも困りません。
子福雛 茶塗台(こふくびな ちゃぬりだい)木目込み雛人形の詳細はこちら

清和雛(せいわびな)木目込み雛人形/十五人飾り

清和雛の画像

十五人飾です。種類が増えるだけで、よりいっそう空間が華やぎます。人形達の楽しそうな雰囲気が伝わってくるかのようです。着物の配色にも趣向を凝らしていて、華やかながら飽きのこないデザインはインテリアとしても末永くお楽しみ頂けます。
清和雛(せいわびな)木目込み雛人形の詳細はこちら

蓬莱雛(ほうらいびな)衣装着雛人形/親王飾り

蓬莱雛の画像

こちらは衣装着人形の親王飾りです。シンプルな佇まいのなかに、ほっこりとした優しい印象を与えてくれます。また、お人形に合う白木の飾り台と素朴な色合いの屏風を合わせています。和室・洋室問わずにコーディネイトを楽しめます。
蓬莱雛(ほうらいびな)木目込み雛人形の詳細はこちら

静音雛(しずねびな)衣装着雛人形/親王飾り

静音雛の画像

漆の落ち着いた衝立にきらびやかな衣装が栄える一品です。スタイリッシュな衣装着人形はクールな印象のお部屋でも溶け込みます。また、飾り台が分割セパレート方式になっているので収納にも困りません。
静音雛(しずねびな)木目込み雛人形の詳細はこちら

  1. 五色TOP
  2. ひな飾り
  3. 雛人形の豆知識
  4. 雛人形の基本
  5. 雛人形の衣装について