TOPICS

手書きお名前札プレゼント

ひな飾り

このたび、五色(ゴシキ)では、雛人形および五月人形(兜・鎧含む)をお求め頂きましたお客様へ、お求め頂いた雛人形・五月人形と一緒にお飾り頂けるよう、お子さまのお名前生年月日を記した手書きのお名前札を無料でプレゼントさせて頂きます。※単品販売のお人形(三人官女・五人囃子・市松人形)をご購入頂いたお客様も含みます。※オプション品の兜は含みません。

レーザー印刷でもプリント印刷でもなく、なぜ手書きのお名前札なのか。五色(ゴシキ)のこだわりがあります。ひな人形を制作する工房で作られるお人形は、胴体の型・頭の生地・顔の描き(面相)など、多くの職人の手を経て作られております。機械生産では表せない職人の手仕事・その職人ならではの味わいなど、職人の手をとおして表現されるものが多くございます。そこから生まれるお人形たちは、「不思議に何度見ても愛らしい」「飾っているうちにどんどんかわいくなってきた。」とお客様から言って頂けるぬくもりがあるようでございます。修理をご依頼になるお客様からは、「久しぶりにお人形を出したら、髪が乱れていて、お人形に申し訳なくなって・・・。直るでしょうか。」とのお声を頂きます。長きにわたりご愛着をもってお飾り頂き、また、人々の手をとおして丹誠込めて作られたものにのみ抱かれる感情かと存じます。


ひな人形の衣装の裂地も各作家により、肌触り、着付けた際の裂地のイメージ感覚など、実際に手に取って選ばれます。職人の工房へ伺い、お話しを伺いながら、五色で取り扱うお人形を制作していただくこともございます。一見すると、同じような造りのお人形に思われるでしょうが、異なる作家のお人形を見比べてみますと、お人形の顔つきや衣裳の着せ方など、それぞれの職人による味わいがございます。また、兜や鎧も同様に、それぞれの職人が一つ一つ手をかけて製作しております。

五色では、人の手から生まれた、味わいやぬくもりのある製品を大切にしております。そのため、人の「手」をとおして製作されたお人形を取り扱う五色は、木札も手書きにこだわります。お人形の名前が書かれた木札は印刷されておりますが、人の手で実際に書いた筆文字が基になっております。お名前札も手書きで書かせて頂いております。手書きですので、どうしても書く人の特徴が現れるものですが、パソコン文字やレーザー加工されたお名前札では、五色で扱うお人形のぬくもりにそぐわないと考えまして、お名前札はすべて手書きなのです。

一覧